新型フリードのハイブリッド4WD そのメカニズムと魅力にせまる

スポンサー リンク
フリード

発売されたばかりのホンダ「フリード」。開発スタッフによると、最もこだわったのはパッケージだそうです。

 

ハイブリッド車の場合、どこにパッテリーを乗せるかで、使い勝手が大きく変わります。新型フリードはラゲッジ下にあったIPU(駆動用バッテリーユニット)を、前席下に配置しています。これにより後輪部に空きスペースが生まれ、4WD化が可能になりました。

 

ハイブリッドの4WD化は課題が多く、トヨタ「プリウス」も去年出た4代目で初めて4WD仕様が設定されました。これを実現するためにホンダは新型のコンパクトIPUを開発。ミニバンとして必要な室内のウォークスルー性、発熱するバッテリーの冷却性能を備えつつ、設置することに成功しました。

 

ちなみにガソリン車についても、フィットなどに比べてより高性能なアイドリングストップ機能を搭載。アイドリング中は発電ができないため、エアコンなどの電装類への電力供給が課題。アイドリングストップまでにいかに電力を蓄えるかで、アイドリングストップ時間が決まります。2WDのフリードでは放充電コントローラーの性能を向上させ、回生ブレーキ時の電気を貯めやすくしているほか、バッテリー性能が向上した鉛電池を採用しています。

 

4WDに話を戻すと、フリードの4WDシステムはフィットで採用されていた従来型のビスカス方式ではなく、ヴェゼルやCR-Vと同じ電子制御リアルタイム4WDを採用。電子制御式は搭載されたセンサーによって集めた情報に基づき、路面状況やドライバーの意図に合わせて後輪の駆動力をコントロールします。

 

同じ電子制御式でもヴェゼルはスポーティな設定なのに対し、フリードは多人数乗車や雪道など滑りやすい状況に対応。どんな人でも安心感のあるドライブかできる、ミニバンらしい設定となっています。

 

現在、新型フリードを特集中! 合わせてご覧ください

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る