新型フリードのメカニズム パワートレーンとサスペンションについて

スポンサー リンク
フリード

発売されたばかりの新型フリード。パワートレーンが2種類用意されています。

 

フリード

 

一つはハイブリッド用のスポーツハイブリッドi-DCD。基本構成はフィットと同じ1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンと、高出力モーター内蔵デュアルクラッチ式7速トランスミッション。ミニバンであるフリードはスライドドアや3列目シードなどで車重は重め。これに対応するために、ファイナルギヤがローレシオ化され、力強い加速性能を得られるようにしています。

 

またモーターには世界初の重希土類元素完全フリー、ネオジム磁石を採用。モーター作りに欠かせないネオジム磁石ですが、レアメタルを使うために産出国や投機によって価格や供給体制が不安定になりがち。今回開発した磁石は「ジスプロシウム」や「テルビウム」といった重希土類元素を使わない、独自製法の磁石となっています。

 

さらにモーターはローター形状や磁石配置を工夫することでコンパクト化。従来の7速DCTのサイズに収めています。ハイブリッドモデルの燃費はシエンタと同じ27.2km/Lですが、CVTのシエンタよりもパワフルでダイレクトな走りが楽しめると、開発陣は自信を持っています。

 

フリード

 

一方、ガソリンエンジンは直噴を採用。最高出力及び最大トルクは131PS/15.8kgmで、シエンタを上回っています。メカニズムとしては補機ベルトや、ピストン、クランクシャフトといった各部を徹底的に低フリクション化。軽快な走りを実現しています。

 

サスペンションはロール量を減らすように設定。背の高いミニバンでは、ハンドルを切った時に車体がグラっとなりがち。新型フリードは重心を先代よりも8mm下げて低重心化。車体全体のロール姿勢を安定させるほか、揺れや横風にも強くしています。

 

フリード

 

リヤサスペンションについては従来通りのトーションビーム式ですが、従来の1枚板からクラッシュドパイプというUの字型に潰したものを採用。これまでの約2倍の剛性を確保しています。サスペンションの取り付け部に使われるアルミ製のブラケットを3か所から5か所に変更。多人数で乗り込んでもサスペンションがグラつかない工夫がされており、高速道路でレーンチェンジも安定してドライブできるように改良されています。

 

現在、フリードを大特集中! 合わせてご覧ください。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る