新型フリードの評価は? 発売時期や燃費に関する最新情報をまとめました

スポンサー リンク
新型フリード

首位奪還を目指す新型フリード

ホンダ「フリード」が9月にフルモデルチェンジを迎えます。

 

現行モデルが発売されたのは2008年。
8年にわたって売れ続けてきましたが、ここにきて事情が変わってきました。
それが強力なライバルトヨタ「シエンタ」の登場です。

シエンタはフリードと同じコンパクトSUV車です。。
アクアと同じハイブリッドシステムを採用し、
その燃費はJC08モードで27.2km/Lを記録。

これに対し現行モデルのフリードは21.6km/L。
さすがに技術的に遅れをとっており、
新型が出るのもうなずける話です。

 

後発なのですから、当然シエンタを上回る数値でなければ
首位奪還は期待できません。

 

フリードのエンジンはどうなる?

新型フリード

 

ホンダの1.5Lハイブリッドシステム「i-DCD」は
7速デュアルクラッチちモーターを内臓するのが特徴です。
エンジンとモーターの接続と切断を適宜に行い、
その走りには定評があります。

 

ボディが大きく重いフリードではエンジン出力が求められます。
そのためヴェゼル同様にエンジンの直噴化を行い、
出力130PS超えは狙ってくるでしょう。

 

ただそうなると問題になるのは燃費です。
ハイブリッドシステムに改良を加え、燃費を確保できるか?
そこが勝負の分かれ目になるでしょう。

 

新型フリードでは回生能力を高め、
実質的なEV走行距離を伸ばすと言われています。
さらに軽量化も敢行。
燃費でシエンタを超える可能性も少なくありません。

 

 

またフリードにはシエンタにはない強みがあります。
それは4WDが存在すること。

 

ハイブリッドは4WD化が難しく、
新型プリウスの時も4WDモデルがラインナップされたことで
「死角なし」と評価されるようになりました。

 

シエンタを追撃する大きな武器になるのは間違いありません。

 

発売時期とグレード展開について

 

新型フリードの発売は2016年11月。

 

グレード展開は通常のフリードのほか、
5人乗りモデルの「フリード+(プラス)」
Gエアロ仕様の「フリード スパーダ」を用意。

 

去年発売されステップワゴン同様に、
エアロ仕様の「スパーダ」が人気グレードになると思われます。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る