新型フリードの評価は? 3列シートを備えたコンパクトミニバンの先駆け

スポンサー リンク
フリード

コンパクトカーとミニバンの融合をテーマに、前進であるモビリオが登場したのが2010年のこと。「3列シートを備えたコンパクトミニバン」というコンセプトが生まれました。

 

その後、名称がフリードに変更され、「ちょうどいい」をキャッチコピーにさらに進化。ホンダ独自の低床、低重心技術による広々としたキャビン。フロアを自由に行き来できるウォークスルー。使い勝手の良いインテリア。走りを犠牲にしていない低燃費など、従来のコンパクトかーにはない魅力が詰まったクルマになりました。

 

先月9月16日に発売された新型フリードは初のフルモデルチェンジ。コンセプトは「いつでも、だれでも7デイズワンダフルモビリティ」3列シートのほか、2列シートも用意。パワートレーンはエンジンとハイブリットの2種類。ボディカラーは全9色。グレードも全19種類、34タイプを用意するなど、多様なニーズに応えるクルマに生まれ変わりました。

 

「ちょうどいい」と一口に言っても、その程度は時代によって変わってきました。昨今の軽自動車は以前とは比べものにならないほど、走りも快適性も向上しています。たとえばタントやウェイクの室内空間は下手なコンパクトカーよりも大きく、NBOXのシートは骨格にミドルクラスセダンに同サイズを採用しています。

 

そうした状況で、新型フリードが打ち出したのはパッケージ。2列目シートのスライド幅を先代モデルよりも120mm延長、1列目から3列目までのヒップポイント幅を90mm拡大するなど、広々とした室内空間を実現しています。

 

フリード

引用元

 

そうでありながら全長の幅はプラス50mmに収めた4265mm。欧米に合わせどんどん拡大していくボディサイズを、日本の道路事情でも扱いやすいサイズに留めています。こうした「ちょうどいい」が生まれているのは、ユーザーの声に耳を傾けているから。

 

クルマ作りは世の中に新しい価値を打ち出す「プロダクトアウト」と、ユーザーの声を反映させた「マーケットイン」の2種類があります。スーパーカーである新型NSXなどはプロダクトで、ファミリーユースのフリードはマーケットインです。

 

なかでもフリードは走り、居住性、ボディサイズ、燃費といった矛盾しがちな各要素を高いバランスでまとめており、それが高評価に繋がっています。

 

ただいまフリード大特集中。他記事も合わせてご覧ください

新型フリードの評価は? 3列シートを備えたコンパクトミニバンの先駆け

新型フリードの評価は? 発売時期や燃費に関する最新情報をまとめました

新型フリード、デザインの特徴は? 開発スタッフのこだわりを解説

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る