新型ミライースの詳細は? 燃費40.0km/L以上 女性向けのミラココアも

スポンサー リンク
新型ミライース

つい先日、トヨタの完全子会社となったダイハツ。

 

低燃費技術や軽量化技術で遅れ取り、
後塵を拝する形となったスズキに対し、
今後どんな巻き返しを図るのか?

 

その第一弾になると噂されるのが、
新型ミライースです。

 

ミライースは第三のエコカーとして2011年に登場。
ガソリン車にして30.0km/Lという燃費性能は
試乗したトヨタの豊田章夫社長も驚愕したと言います。

 

さて、そんなミライースが
フルモデルチェンジでどんな進化を遂げるのか?
早速、見ていきましょう。

 

まず、何と言っても注目は
新イーステクノロジーです。

 

イーステクノロジーの特徴は以下の通り

 

イーステクノロジー

 

  • パワートレーンの進化
    エンジンの改良:圧縮比アップ、摩擦抵抗軽減による燃費効率向上
    CVT改良:軽量化。駆動ロスの抑制。
  • 車両の進化
    車体の軽量化:高張力鋼板の使用。素材や形状の最適化。
    走行抵抗の低減:空気抵抗を低減させるデザイン・パーツの採用。
  • エネルギーマネジメントの進化
    エコ発電制御:減速時に発生するエネルギーでバッテリーを充電。
    走行中の発電を抑え、エンジン負荷を減らし、燃費を向上。

 

イーステクノロジーの長所は
「価格と低燃費を両立した点です。

 

電気の力を使うハイブリッド車はバッテリーやモーターを搭載する必要があります。
そして、その分が価格に上乗せされてしまいます。

 

 

「燃費をお金で買っている」
と言われるのはそのためです。

 

これに対しイーステクノロジーでは、
既存のガソリンエンジン技術を効率化することで
低燃費を実現しています。

 

今回の新イーステクノロジーでは、
燃焼技術がさらに進化。

 

燃焼効率を向上させる電磁波を
燃焼機構に導入させるそうです。
そんな技術があるとは驚きですね。

 

しかも今回はトヨタの技術も投入されます。
もちろん、完全子会社になったお陰です。

 

トヨタというとプリウスに代表される
ハイブリッド技術が注目されがち。

 

しかし、着実にガソリンエンジン技術も進歩されています。

 

  • ポンピングロスを減らしたアトキンソンサイクル
  • 冷却した排出ガスを再利用するクールドEGR

 

アトキンソンサイクル

(アトキンソンサイクル)

 

クールドEGR

(クールドEGR)

 

導入される技術の詳細はまだ不明ですが、
これとはまた別に排ガスを利用した発電システムを
採用するとのこと。

 

進歩はエンジンだけではありません。
ボディには部位ごとに高張力鋼板を使用。
外板には樹脂を多用して、軽量化しています。

 

これはダイハツのオープンカー「コペン」でも
使われた技術です。
コペンはフレームだけで剛性を確保しており
外板は軽量で加工しやすい樹脂性です。

 

コペン樹脂ボディ

(樹脂ボディのコペン)

 

これによりコペンは着せ替えが可能な
ドレスフォーメーションという特徴を持っていますが、今回はこれを軽量化に利用したと考えられます。

 

もちろんデザインにもついても空力を意識しているとのこと。

 

気になる燃費はガソリン車では初めての
40.0km/Lオーバーは間違いないと言われています。

 

発売時期は今年9月との噂。
その後には「ミラココア」が控えています。

 

ミラココア

(女性ユーザー向けのミラココア)

 

ミラココアは今回紹介したミライースをベースに
専用ボディに換装した女性向けモデル。

 

スズキも新型アルトを発売した後、
ウサギが目印の「アルトラパン」を登場させました。

 

アルトラパン

(女性向けモデル・アルトラパン)

 

軽自動車のメインユーザーは女性です。
これを意識したモデルが出るのはある意味で当然と言えます。

 

この2台を皮切りに、
ノリに乗っているスズキに猛追できるのか。
要注目です。

 

今後もダイハツの最新情報が入り次第、
お伝えしていきます。

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

 

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

 

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

 

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

 

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る