新型ミラージュの詳細は? 1.1Lターボで走りに自信。サイボーグの復活も?

スポンサー リンク
新型ミラージュ

 

去年はあのランサーエボリューションが終了し、
今年は新型車の発表はなし。

 

なんとも寂しい状況の三菱自動車ですが、
それも今年までの話。
2017年からは新型車が続々と投入され、
2020年までに14車種が登場する見通しです。

 

「今後はSUVとEVに開発を集中させる」

 

先日の発表では、そう明言されましたが
実は一つ例外があります。
それが今回紹介する新型ミラージュです。

 

ミラージュは三菱の主力コンパクトカー。

 

その走りには定評があり、
ライバルには同じスポーツコンパクトカーである
スズキ「スイフト」が挙げられます。

 

スズキスイフト

(スズキ・スイフト)

 

 

 

次期ミラージュの目玉は
1.1Lの小排気量ターボエンジンが搭載予定であること。

 

 

現在、1Lターボは世界的なトレンドですが、
ミラージュの1.1Lターボはスポーツハッチのような
走りを求めるユーザーには魅力的なのではないでしょうか。

 

 

 

もともとターボ技術に優れている三菱だけに、
このトレンドは「追い風」と言えます。

 

近頃はホンダのS660、
スズキのアルトワークスなど、
スポーツテイストの強い車が登場しています。

 

S660

(ホンダ・S660)

 

以前のようなバリバリのスポーツではなく、
環境性能を考慮し、日常生活も意識した
スポーティーカーです。

 

となれば、スズキがアルトワークスを発売したように
三菱も「ミラージュ サイボーグ」を用意するかもしれません。

 

ミラージュサイボーグ

(ミラージュ・サイボーグ)

 

ミラージュサイボーグは90年代、
バブル期に売り出されたスポーティーカー。

 

 

当時最新の新開発のMIVECエンジンは1.6L 175PS。
リッター100馬力越えの大パワーでしかも軽量。

 

アクセサリー類を取り除いた競技用モデルも発売され
ダートやラリーなどでは大活躍しました。

 

まだあくまでも可能性の段階ですが、
ミラージュの登場だけでもコンパクトカー市場に
新風を巻き起こすに十分なインパクトです。

 

新型ミラージュの登場は、
2018年春との噂。
続報が入り次第お伝えします。

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

 

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

 

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

 

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

 

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る