新型レクサスCTはホットハッチとSUVの2タイプ プラグインハイブリッドの噂も

スポンサー リンク

日本でも世界全体でも販売が好調なレクサス。その原動力はデザインにあります。2013年にフルモデルチェンジを実施したIS以降、その評価は高まるばかり。特にRCはクーペに求められるエレガンスとダイナミズムを両立し、その発売が今か今かと注目されています。

 

レクサスは現在日本で9車種販売されています。そして、そのいずれもにトヨタモデルが存在します。例えばLSならクラウン、RXならハリアーといった感じです。以前は「同じトヨタ車なのになんで100万円も高いの?」と言われたりしました。しかし現在はトヨタ車と比較して、デザイン、品質、サービスなどあらゆる面で差別化が図られ、プレミアムブランドとして地位を確立しつつあります。

 

そんなレクサスブランドのボトムエンドが新型が発売される「CT」です。CTは日本だとプリウスにあたります。しかし、そのデザインはもはや全く別物。そのデザイン画像がこちらです。

画像

新型レクサスCT

新型レクサスCT

新型レクサスCT

新型レクサスCT

引用元

まず注目なので従来通りのハッチバックタイプとは別にSUVも用意されていること。これはベンツAクラスとGLA、アウディA3とQ3のように5ドアハッチバックタイプとそれをベースにしたSUVを出す海外メーカーと同様です。このあたりもグローバルブランドであるレクサスらしい展開といえます。

 

新型プリウス

こちらが新型プリウスですが、もはや別物と言っていいでしょう。プリウスがキーンルックである一方で、CTはレクサスの象徴スピンドルグリル。さらに注目なのがサイドデザインです。リアフェンダーの張り出しは似ていますがサイドシル上方の処理が全く異なり、CTの方がエレガンスでスポーティな印象になっています。

 

パワートレーン

デザインこそ異なるものの、プラットフォームはプリウスと共通。エンジンもプリウスと同じ1.8L+モーターという仕様です。海外では2L NAの予定がありますが、日本で発売されるかは未定です。

 

気になるのがプラグインハイブリッドの存在。プリウスは今年10月にもプリウスPHVを発売します。VWの排ガス不正以降、欧州でもプラグインハイブリッドは規定路線となりました。こうした状況の中、CTにもプラグインハイブリッドモデルが導入されるはず。実際にレクサス側でも、デザインをどうするか検討に入っているとのこと。

 

レクサスのイメージはスポーティ、エレガンス、そしてクリーンです。クリーンとはもちろんハイブリッドやプラグインハイブリッドを指しています。世界全体の販売でハイブリッドが占める割合は23%、日本に至っては65%と半数を上回ります。世界的なトレンド後押しを受けて、どこまで伸びるか。要注目です。

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る