新型車ムーヴキャンバスの特徴は? 内装外装を画像を使って解説

スポンサー リンク
ムーブキャンバス

ダイハツが9月に新型車を発売します。新型車の名称はムーヴキャンバス。軽自動車のメインユーザーである女性を意識したモデルで、既存車でいえばココアに対するミラココアのような位置付けです。

 

ダイハツといえばやはり軽自動車で売り上げ首位のタント。タントはその使い勝手の良さから子育て層に圧倒的な人気を誇りますが、実用一辺倒なのがネックなのも確かです。ムーヴキャンバスは実用性をキープしつつ、「オシャレ」「かわいい」といったデザイン性も重視しています。

 

タントカスタム

(タントカスタム)

 

ネット上ではすでにこのムーブキャンバスに関する情報がアップされています。まだ見たことのない実車画像まであったので驚きです。今回はその画像を参考にしつつ、ムーブキャンバスの詳細を解説します。

 

ムーブキャンバス外装画像

ムーブキャンバス

ムーブキャンバス

ムーブキャンバスは面で構成された、おおらかでシンプルなデザインとなっています。それでいて地味にならないのは大きな目のようなヘッドライトと、2トーンカラーのお陰です。2トーンカラーは去年から流行していますが、多くの場合、ルーフととボディの色が異なるのみ。しかし、ムーブキャンバスでは足元のロッカーやバンパー下部をルーフと同色にして、メインボディ色を挟み込むという、こだわりのデザインとなっています。

 

メイクアップと名付けられたグレードでは随所に施された加飾パーツもポイントです。足元のバンパーやロッカーはホワイトですが、そこにシルバーのバンパーモールやサイドモールが当てられています。フォグランプもシルバーで印象的。上部はシンプルにまとめ下部にメッキ加飾を採用することで、過度にギラつかない、さりげない上質さを演出しています。

 

ムーブキャンバス内装画像

ムーブキャンバス内装画像

ムーブキャンバス内装画像

インテリアも面を意識した、水平基調のおおらかなデザインとなっています。メーターがダッシュボードに埋め込まれているので、見晴らしが良く運転しやすそうです。

 

水平貴重や面構成は使い勝手はいいのですが、一方でデザインが単調になりがち。画像を見てみると、それをカラーリングで解消しています。ダッシュボードはブラックですが、パネル部分はホワイト。助手席側はボディと同色の水色パネルが使われているのがわかります。

 

実用性を追求すると、空間を確保するために角ばったデザインになりがち。タントやキューブがその代表例です。しかし今回のムーブキャンバスはそこに丸みを帯びたデザインをプラス。ダイハツらしい「使い勝手」に「オシャレ、かわいい」をプラスした、女性ユーザーにぴったりの車です。

 

現在ムーヴキャンバスを特集しています。合わせてご覧ください。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る