新型SUV「C-HR」の実車画像が流出! 発売直前で車名変更の噂も?

スポンサー リンク
C-HR

昨年の東京モーターショーで注目を浴びた「C-HR」。

 

トヨタの最新プラットフォーム「TNGA」を採用した
プリウスベースのクロスオーバーSUV。
これだけで期待の理由がわかります。

 

最近のトヨタはレースに大きく力を注いでいますが、
つい先日もこのC-HRで世界最大の草レース
「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦すると発表がありました。

 

  • 人気のクロスオーバーSUV
  • TNGAを採用
  • ブリウスベース
  • レースに参戦
  • もちろんハイブリッドも用意

C-HRはあらゆる意味で「今のトヨタ」を体現していると言っていいでしょう。

 

画像

そんな話題沸騰のC-HRの実車画像が流出しました。
それがこちら。

C-HR

C-HR

C-HR

デザイン自体は3月に公開されたジュネーブショーから変更ありません。
注目はそのカラー。先日ビッグマイナーチェンジを迎えたエスティマ同様、
2トーンカラーのグレード設定があるようです。

 

エンジンは3種を用意

気になるパワートレーンは

  • 1.8L ハイブリッド
  • 1.2L ターボ
  • 2L NAの3種類を用意。

1.2Lターボはいわゆるダウンサイジングターボで
オーリス120Tに搭載された8NR-FTS型エンジンでスペックも同一。

 

オーリスハイブリッド

(オーリス120T)

 

トランスミッションは基本CVTですが、
この1.2Lターボにのみ6MTが設定されます。

 

日本で買うならやはりハイブリッドが常道。
しかしスポーティな走りを楽しみたいなら1.2Lターボも視野に入るでしょう。
クルマ好きだからこそ迷うところですね。

 

C-HRの発売は今年12月を予定。
価格はハイブリッドで310万円程度と予想されます。

 

最後にとんでもニュースを一つ。
これまで散々「C-HR」という名称で報道されてきましたが、
なんとこの車名が変わるかもしれないとのこと。

 

確かにC-HRだと一般ユーザーには何がなんだかわからないかもしれません。
とはいえ発表時からずっと注目度が高かったので「C-HR」が定着しているようにも思います。

 

「名は体を表す」と言います。
トヨタも悩ましい決断に迫られているかもしれません。

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る