新型WRX STI情報まとめ FA20ターボエンジン搭載 6MTでアイサイトには非対応?

スポンサー リンク
WRX STI

WRX STIはインプレッサをベースにした高性能スポーツセダンです。インプレッサは今年10月にフルモデルチェンジを迎えますが、WRXは現行モデルのまま。つい先日も鈴鹿サーキットで行われたスーパーGTインターナショナルで、WRX S4 tSコンセプトが展示されていました。

 

しか、もちろんインプレッサの進化に合わせ、次期WRXも着々と開発中。登場は来年秋頃と予想されています。

 

次期WRXのエンジンは現行のEJ20ターボからFA20ターボに変更されます。EJ20ターボの出力とトルクは308PS、43.0kgm。一方、現行のS4も搭載しているFA20ターボは300PS、40.8kgm。比べると8PS、2.2kgmの差があります。

 

スバルFA20ターボ

(FA20ターボ。引用元

 

ただWRXはスバルのフラッグシップモデル。現行モデルの308PSを超えてくるのはほぼ確実です。新型インプレッサもFA20を搭載しますが、実にパーツの80%が新作。同様にWRX STIも改良、進化するものと思われます。

 

組み合わされるトランスミッションは6MT。現在のスポーツ車のトレンドはツインクラッチによる2ペダル方式ですが、今回は採用されない方向。これに伴い、CVTの必要があるアイサイトも搭載されないことになります。スポーツを重視する以上、機能面が下がるのは今回に限ったことではありませんが、少し残念ですね。

 

  • 新型プラットフォーム「SGP」を採用した高剛性ボティ
  • 310PS、43.0kgmまでパワーアップしたFA20ターボエンジン
  • 6MTでアイサイト非搭載

 

次期WRX STIの概要は上の通り。まだ詳細は明らかにされておらず噂段階の話も含まれますが、いずれにせよ「2L最速のスポーツセダン」というブランドをキープしてくるのはまちがいないでしょう。続報が入り次第、お知らせいたします。

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る