日本のクリーンディーゼル事情 日産・エクストレイル、マツダ・スカイアクティブDシリーズ

スポンサー リンク
日本のクリーンディーゼル

前回はこちら→海外で人気のクリーンディーゼルとは?

 

クリーンディーゼルが登場してい以降、
欧州でのディーゼル車のシェアは60%を超えました。

 

これに対し日本国内におけるクリーンディーゼルに対するイメージは
「うるさい。振動が大きい。黒煙を吐き出す」が定着してしまい、
ディーゼル搭載車はほとんど消滅してしまっていました。

 

そんなイメージを覆したのが2008年に発売された
日産の2代目エクストレイル20GTです。

 

エクストレイル20GT

 

エクストレイルはコモンレール式直噴ディーゼルターボを搭載。
このエンジンはピエゾ式インジェクターを採用。
微粒子化された軽油を超高圧で噴霧することで、燃焼効率をアップさせています。

 

また発生した黒煙はディーゼル・パティキュレート・フィルターで細く、
リーンNOxトラップ触媒でNOxを無害化します。

 

最高出力は173PSで2Lガソリンエンジン級、
最大トルクは36.7kgmで3.5L V6ガソリンエンジンに匹敵します。

 

日産はこのすでにルノーと提携していました。
このエクストレイルもルノーとの共同開発で、
欧州で培われたディーゼルの技術が生かされていました。

 

また日本のクリーンディーゼル車で外せないのが
やはりマツダのスカイアクティブD搭載車。
具体的にはデミオ、CX-5、アテンザ、アクセラなどが挙げられます。

 

CX5

(マツダCX5)

 

マツダアテンザ

(マツダアテンザ)

 

現在、マツダは欧州市場を見据えた商品開発、販売を展開。
クリーンディーゼル技術を磨いたのはある意味、当然とも言えます。

 

クリーンディーゼルエンジン「スカイアクティブD」は
乗用車向けディーゼルエンジンで世界一の圧縮比14.0を達成。

 

従来比で20%の燃費改善を実現し、
さらにNOx後処理装置なしで、排出ガス規制をクリアするという離れ業をやってのけました。

 

CX-5以降登場したスカイアクティブ搭載車は日本でも大ヒット。
2011年時点で9000台だった国内デーィゼル乗用車市場は2013年には75000台まで急拡大しました。
2013年に売れた45000台のうち実に6割がスカイアクティブD搭載車という席巻ぶりです。

 

低燃費性や環境性能に対し、ハイブリッド一本だった日本メーカー。
しかしグローバル化の中で、クリーンディーゼルを無視できない空気が生まれてきました。

 

登場したのはエクストレイルの方が早いもののこちらはルノーとの共同開発。
日本のクリーンディーゼルの立役者といえば、やはりマツダになると言っていいでしょう。

 

次回はクリーンディーゼルエンジンの仕組みについて解説します

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る