日産エクストレイルの評価は? 機能満載で実用性に優れた本格派SUV

スポンサー リンク
日産エクストレイル

2013年に登場した3代目エクストレイル。従来のSUVから、世界的なトレンドであるクロスオーバースタイルに変身。初代から受け継ぐ高い走破性と、手頃なサイズによる市街地での利便性を両立するオールマイティなSUVになりました。

 

最大の見所は4WD性能です。世界初採用のシャシー制御技術を盛り込んだ「オールモード4×4i」を搭載し、アクティブにトルクを前後配分します。これはもともとGT-Rに使われていた技術で、SUVらしく駆動力を最大限に高めるロックモードも用意されています。

 

パワトレーンは2.0Lの直4エンジンに加え、昨年からは2クラッチ・1モーター式のハイブリッド車も追加されました。ハイブリッド車は力強い加速をウリで、安定感もアップ。加速が必要な合流に強くなるのはもちろん、長距離移動の疲労も軽減してくれます。

 

画像

エクストレイル

エクストレイル

エクストレイル

エクストレイル

エクストレイル

エクストレイル

 

評価とオススメグレードは?

室内は、ハイブリッドが2列目シート5人乗りのみ、ガソリン車には3列シート7人乗りも用意されています。とはいえ3列シートはあくまで補助的な存在です。もともとミドルサイズSUVなので、3列目の居住空間は窮屈です。常時利用は難しいと考えましょう。

 

シートとフロアはSUVらしく防水シートを標準採用。濡れた衣服で利用できるだけでなく、汚れても水拭きできます。さらに保温保冷機能付のカップホルダーや、シートヒーターなど寒暖差の激しいアウトドアで役立つ機能が満載。走破性だけでないSUVとしての使い勝手の良さが光ります。

 

そんなエクストレイルのオススメは「20xハイブリッドパッケージ・4WD」(306万5040円)です。オールモード4×4iを搭載し、ハイブリッドで加速も優秀。さらにエンブレムに手をかざすだけで開く、電動テールゲートも標準装備されています。

 

昨年の12wつから日産の自動ブレーキ「エマージェンシーブレーキ」が全車標準装備となり、先進安全装備でオプションを考える必要がありません。

 

前回紹介したハリアーもオススメグレードは300万円台前半でした。しかし、その内容は大きく異なります。ハリアーは高級感がありますが、FFの2.0Lガソリン車。エクストレイルは4WDのハイブリッド車です。

 

ハリアーとエクストレイルは互いにしのぎを削るライバル的な存在ですが、プレミアム感を取るならハリアー、実用性を取るならエクストレイルという住み分けができるかもしれません。

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る