日産ノートがマイナーチェンジ 新パワーユニット「e-POWER」とは?

スポンサー リンク
日産ノートe-POWER

11月2日に日産のコンパクトカー「ノート」のマイナーチェンジが発表されます。

 

フルモデルチェンジならまだしも、なぜマイナーチェンジに注目するのか? それは今回のノートにe-POWER(イーパワー)というシステムが導入されるからです。

 

e-POWERはいわゆるレンジエクステンダー型のEV(電気自動車)に該当します。これまでのEVカーは給油ではなく、給電するものがほとんどでした。電気ステーションでバッテリーに蓄電し、その電力でモーター走行を行う、というものです。ただ、現状では「給電ステーションがまだ普及していない」「後続距離が短い」という欠点がありました。

 

しかしノートe-POWERはこうした外部給電システムを搭載していません。ガソリンエンジンを「発電だけ」に使い、モーターを「走行だけ」に使います。エンジンを積まない純粋な電気自動車とも、エンジンとモーターを適宜切り替えて走行するハイブリッドカーとも違う、日本初のシステムだからこそ注目を浴びているのです。

 

搭載されたエンジンは直列3気筒1.2Lエンジン。駆動には使われないので燃費効率の良い2000〜2500回転をキープして使用。一方、モーターは電気自動車リーフに採用されているものを採用。燃費はあのアクア(37.0km/L)やプリウス(40.0km/L)を超えて、40.8km/Lと噂されています。

 

日産リーフ

(日産の電気自動車リーフ)

 

これまで燃費競争では、遊星歯車を使ったトヨタのハイブリッドシステム「THS」に勝てるメーカーはありませんでした。それをついに日産が独自のシステムで挑むという構図です。

 

 

すでに日産ディーラー向けに試乗会が行われており、静粛性、加速性でアクアを超えたとの評判。EV走行はモーターが静かだかこらそ、それ以外のノイズが気になるもの。ノートe-Powerはドアガラスなどを厚くして、各所に吸音材を配置して遮音性を高めています。単なる燃費追求だけでなく、乗り心地に対する配慮も忘れていません。

 

気になる価格はアクア並の200万円強に設定。ノートの半数をe-POWERにする方向で考えられており、日産の強い意気込みが伝わってきます。去年は一台も新車が出なかった日産。ここにて世界を驚かせる新パワーユニットで巻き返しを図ります。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る