スポンサー リンク

日産リーフの内装・外装レビュー これで370万円はなかなか厳しいのでは?

リーフ外装

 

こんにちは、水原車両販売の下間です。
先日、買い物に出ていたところリーフの展示に出くわしました。

 

リーフは日産が販売する電気自動車です。
ガソリンを一切使わない先進性で話題になりましたが、
一般に普及する、当たり前になるのはまだまだ先の話。

 

街中で走っているのを見かけることはあっても、
まじまじと観察する機会はあまりありません。

 

そこで今回は撮影させてもらった展示車を元に
その内装、外装を徹底レビューします。

 

実際にリーフに触れてみて、まず感じたのは内装の「安っぽさ」です。
全体的にプラスチッキーな印象が拭えませんでした。

 

リーフ内装

 

要所要所に光沢のあるピアノブラックのパネルを採用していますが、
それ以外の部分があまりにも多くのっぺりとした印象を受けます。

 

リーフ内装

 

エアコンやカーナビが収められているフラットパネルセンタークラスターも
やはりピアノブラックを採用して大型化。しかし肝心の液晶はあまり大きくありません。

 

リーフ内装

 

ステアリングもウレタンです。

 

リーフ内装

リーフ内装

 

ただドアの肘掛けやせんたーコンソールボックスなど、
肘や手の触れる部分は必ず触り心地の良い素材を使用していて
乗る人のことを考えていると思いました。

 

リーフ内装

 

シートはスエード調のトリコット。
凹凸は浅いですがシート面積はそれなりで、座り心地は悪くありません。

 

 

リーフ内装

 

メーターやシフトノブは未来的なデザイン。
前席に関してはデザインや居住性は悪くありません。
素材使いでプラスチッキーな印象を与えてしまっているのが本当にもったいない。

 

リーフ外装

リーフ外装

 

続いて外装。単体だと分かりにくいですが、意外と大きいです。
隣にあったノートとタイヤハウスの位置を比べると、高さが全く違います。

 

それもそのはずリーフのボディサイズは、
全長×全幅×全高=4445×1770×1550ミリ。

日産のカタログなどを見てもリーフはコンパクトカーとしてPRされていますが、
フィットやノート、ヴィッツやアクアと比べるよりも
プリウスの方が近いのではないかと感じました。

 

全体のデザインとしては最近流行りやの空気抵抗を意識した形状。
リア部がストンと落ちているため、後部座席の天井部分は窮屈でした。
成人男性が長時間乗るには適さないでしょう。

 

 

リーフ内装

ご覧のようにヘッドレストと天井がすれすれです。

 

ラゲージスペースに関しては思いの外大きく、そこは好印象でした。
リアゲートは小さいですが、懐が深くそこそこ積み込めそうです。

 

リーフ外装

 

タイヤハウスの高さがラゲージスペースの大きさを物語ります。
しかし、それよりも注目なのがタイヤがスチール製であること。
やはりここにも全体的な安っぽさが表れています。

 

もっと質感が高ければ、というのが展示品を見た私の感想です。
もちろん車の真価は走って初めてわかります。
ノートはモーターの特性を生かし、加速性に優れ、静粛性も高いと言われています。

 

何よりガソリンを使わずに環境に優しく、ランニングコストに優れています。
ただ、それも電気スタンドまで足を運んだり、家庭に充電器を設置したりで
金銭的には相殺されてしまうと言います。

 

このあたりは「燃費をお金で買う」と言われるハイブリッドと同様です。
おそらくキャビンなど人間が利用するスペースよりも、
モーターやバッテリーなどメカニズムにコストが割り当てられているのでしょう。
新しい技術なのですから、それは仕方のないことでもあります。

 

先進性、環境性という未来を見据えた長所と、
全体的に質感が低いという短所。
そのバランスに370万円という金額をどう感じるか?
このあたりが購入するかどうかの決め手になるでしょう。

 

以上、日産の電気自動車リーフの内装外装レビューでした。

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る