自動車保険を安く抑えるには? 免責金額の設定や特約を利用して保険料を賢く節約しよう

スポンサー リンク

保険料を安く抑えるには?

自動車保険は各保険会社がしのぎを削る部門でもあり、サービスや補償に様々な選択肢があります。
できれば車両保険も付帯して、補償をしっかりと設定したいと思う人もいることでしょう。

車両保険を付帯しておけば、保険金の範囲内で交通事故の際の自車の修理費用を負担せずに済みます。
ただ契約前の見積もり段階で車両保険への加入を見送ってしまう人もいます。
その理由は保険料の高さです。

車両保険を付帯する場合と付帯しない場合で年間保険料が数万円変わることもあります。
たとえば東京海上保険では、保険料を少しでも安く抑えたい場合、車両保険の免責金額を設定することができます。
免責とは自己負担をする金額のことで、1回目、そして2回目以降の事故ごとに設定できます。

免責金額は希望に合わせて設定することができ、免責金額が高くなるほど車両保険の保険料が安くなります。
例えば1回目の事故の免責金額を5万円、2回目以降の事故を10万円とした場合には、保険料をかなり抑えられます。

免責金額を設定する場合の注意点は、「自己負担額が妥当な金額かどうか」です。
自己負担額が多くなってしまうと、事故によっては自己負担額よりも保険金の方が少なくなってしまう場合もあります。
いざという時のための保険ですから、後悔することがない補償を準備しておくことが大切です。

各種特約を付帯して、保険料を抑える

「保険料は抑えたいが、自己負担額も減らしたい」
そんな場合には、「車対車免責ゼロ特約」を付帯することができます。

この特約は相手がいる場合に限り、初回の事故での免責をゼロにする契約です。
特約を使用しない場合に比べて保険料が安く抑えられるというメリットがあります。

他にも相手がいる時に補償を限定するエコノミー型車両保険を付帯することもできます。
この場合も免責金額が設定できるので、保険料を大幅に安く抑えることができます。

ご存じのように保険には様々な選択肢が用意されています。
その複雑さは携帯電話料金とよく比べられるほどです。
ここで紹介した「免責金額の設定」や「各種特約」もその一部にすぎません。

水原車輛販売では、お客さまの希望に合わせたプランを提案しています。
新潟市、阿賀野市近隣で自動車保険についてご相談があれば、ぜひお問い合わせください。

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る