自動運転って何?(1) レベル別にざっくり解説

スポンサー リンク
自動運転レベル

自動運転にはレベルがある

 

日産が2020年までに完全自動運転を目標として掲げ、
グーグルなどのシリコンバレー勢を参入して競争が激化する自動運転開発。

 

ただ一口に自動運転と言っても、各車によりその捉え方は様々。
日々のニュースを聞いているだけでは、「単に車が勝手に走る」くらいしかわかりません。
そこで、今回は自動運転について解説します。
まず、内閣府は自動運転を産業発展の重要項目として次のような
5段階のロードマップを描いています。

 

・自動運転レベル0
ドライバーが常に主制御系統(加速、操舵、制動)を行う。
前方衝突警告などの運転支援システムが該当。

・自動運転レベル1
加速、操舵、制御のいずれかを自動車が行う。
自動ブレーキなどの先進安全装備が該当。

・自動運転レベル2
加速、操舵、制御の複数の操作を自動車が行う。
アダプティブクルーズコントロールが該当。

 

・自動運転レベル3
加速、操舵、制御のすべてを自動車が行い。
緊急時のみ運転車が対応する。

 

・自動運転レベル4
加速、操舵、制御をすべて運転者以外が行う。
運転者は全く関与しない。

 

このように自動ブレーキも自動運転に含まれています。
つまり今あるトヨタセーフティセンスCや、ホンダセンシング、
スズキのデュアルブレーキサポートも自動運転です。

 

本格的な自動運転はレベル2から

ディストロニックプラス

(ベンツのディストロニックプラス)
とはいえ一般的なイメージとしての自動運転に合致するのは、
レベル2のアダプティブクルーズコントロールあたりからでしょう。

 

アダプティブクルーズコントロールは
先行車と一定距離を保って追従走行を行い、
さらに車線を読み取りステアリングを操作、ある程度のカーブに対応します。

 

このレベル2に該当するクルマは次の通り

  • メルセデスベンツ ディストロニックプラス(ステアリングアシスト付)
  • VW レーンキープアシスト
  • スバル アイサイトver.3
  • トヨタ 高度運転支援システム

最近だと電気自動車で話題のテスラモーターズが販売する、
最上位車種「モデルS」がこのレベル2に該当します。

 

テスラモデルS

(電気自動車としても話題のテスラモデルS)

 

 

中でもベンツは特に優れており、時速0キロの停止状態からクルコンが作動。
渋滞時のストップ&ゴーまで対応します。
これだとドライバーは緊急時に備えて、手を添えているだけ。
運転が本当にラクになります。

 

次回はさらに本格的なレベル3以降について解説します。
続きはこちら→自動運転とは? レベル3以降をざっくり解説

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る