10月発売ロードスターRFの評価や価格は? 電動ハードトップを採用した「大人のGTカー」

スポンサー リンク
ロードスターRF

ロードスターに新モデルが追加されます。
2LエンジンのRF(リトラクタブルファストバック)です。

 

クローズドボディの美しさを追求して作られたRFは電動タルガトップを採用。
ルーフのある2シーターになかなかお目にかかれない昨今、ファンには嬉しい仕様です。

 

ロードスターRFはレスポンスを楽しむ軽快な1.5Lとは全く別物になる模様。
2.0Lエンジンと電動タルガトップの搭載で車重は80kgほど増加するので、
「上質なGTカー」といった存在になるでしょう。

 

画像

ロードスターRF

ロードスターRF

ロードスターRF

ロードスターRFには特別塗装色として「マシーングレー」が導入されます。
最近のマツダといえば魂動デザインの象徴「ソウルレッド」ですが、
深い陰影で表現されるこちらも人気になりそうな予感。

 

RFの美しいフォルムと相まって、
まさに「大人のGTカー」と言った趣です。
国産車からこうした佇まいの車が出るのは嬉しい限り。

 

誰でも楽しめるスポーツカー

 

トランスミッションは6MTか6ATから選択。
おそらくRFには6ATがマッチすると思います。

 

これは用途の問題で、電動タルガトップを採用したということは、
利便性を意識しているということ。

 

非常におおざっぱに言えば、
電動ハードトップでCVTの「コペン」を選ぶか、
ソフトトップでMTの「S660」を選ぶかという話と同じです。

 

 

 

確かに走りが楽しめるのはS660です。
でも強い日差しや突然の雨など「日頃の便利さ」を考えれば、
やはりコペンを選びたくなるもの。

 

ロードスターRFは
「利便性を犠牲にして走りだけを求めるのか?」
「利便性を確保しつつ走りも楽しみたいのか?」
という選択肢をユーザーに与えてくれます。

 

実際、電動トップの開閉にかかる時間は約12秒、
10km/h以下なら走りながらの操作も可能となっており
使いやすさは悪くなさそうです。

 

ロードスターRF

 

これまでオープーンカーと忌避していた層もひきつけるかもしれません。
ロードスターRFは今年10月発表、価格は320万円からと予想されます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る