2017年新型カローラ情報 ボディサイズは3ナンバー化、ディーゼル搭載モデルも

スポンサー リンク
新型カローラ

新型カローラは3ナンバーサイズに

 

2017年に登場予定の新型「カローラ」。その情報が明らかになってきました。

 

カローラはトヨタの主力商品の一つ。1966年から長く続くいわゆる「ビックネーム」で、現行のカローラアクシオは11代目となります。日本では5ナンバーセダンのイメージが強いですが、日本、北米、アジア、ヨーロッパなど様々な地域に合わせ、異なる仕様が用意されていました。仕様といっても、全くべつの車に近いです。

 

次期カローラでは日本仕様が消滅。他エリアと統一されます。日本仕様では道路事情に合わせ5ナンバーサイズに収められていましたが、3ナンバーとなり、北米カローラ並になるという噂もあります。

 

豊富なエンジンバリエーション

次期カローラのポイントは豊富なエンジンバリエーションです。

  • 2種類のハイブリッド
  • スポーツグレードの2Lエンジン
  • ベーシックグレードの1.8Lエンジン
  • 1.2Lターボ
  • 1.5Lディーゼルターボ

現時点で以上のエンジン検討されているとのこと。2Lエンジンは現在開発中のエスティマ、1.8Lはプリウスと共通のものが使われます。なかでも注目なのがディーゼルターボです。

 

1.5LディーゼルターボはBMW製。ヨーロッパ仕様のオーリスや、最近よくテレビCMも流れているミニクーパーDに採用されています。パワーは116PSと平均的ですが、27.5kgmという太いトルクがポイントです。

 

08_240

(同じBMW製ディーゼルを積むミニクーパー)

 

MINIクーパーDの燃費が23.9km/Lなので、燃費にも期待ができます。

 

 

デザインも変更

corolla_new_scoop_03

デザインもオーソドックスな現行モデルから方針転換。若者を意識したものに変更される模様。

 

上の画像は新型カローラと思われる、アメリカの街中で撮影された開発車両です。レクサスのスピンドルグリルに似たフロントデザインです。

 

ちなみに新型カローラの3ナンバー化によって、アリオン/プレミオは終了予定。こちらもコロナ/カリーナの流れを組むビッグネームでした。今後もメーカーを問わずグローバル展開に合わせた、選択と集中は増えていくと思われます。

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る