新型XVがジュネーブショーで発表 SGP採用で走りに期待

スポンサー リンク
SUBARU_XV

 

スバルがジュネーブショーで
新型XVのコンセプトモデルを発表しました。

 

スバルはこれまでにVISIVという名称で
コンセプトカーシリーズを発表してきました。

 

昨年の東京モーターショーのハッチバック、
ロサンゼルスモーターショーのセダンと合わせて、
次期インプレッサのデザインが揃ったことになります。

 

では、さっそくその画像を見てみましょう。

 

SUBARU_XV

 

まず、目を引くのがコの字型のヘッドランプ。
これは次期インプレッサの特徴になります。
先述したセダンタイプも同型のランプです。

 

 

SUBARU_XV

(テールランプもコの字型)

 

全体としては塊感のある立体的なデザイン。
スバルの次期デザインコンセプトである
「DYNAMIC X SOLID」をよく体現しています。

 

イメージカラーは氷河を思わせるブルーグレー。
SUVらしさを感じさせるオレンジが
グリルやホイールに差し色として使われています。

 

フロントグリルはスバル伝統のヘキサゴン(六角形)グリル。

 

 

大きく張り出したフェンダーフレアーが
シンメトリカルAWDをイメージさせます。

 

発表されたボディサイズは
全長×全幅×全高が4520×1920×1570(mm)
ホイールベースが1800mm。

 

前回の記事で紹介したトヨタのC-HRより
一回り大きめです。

 

残念ながら
エンジン詳細や内装ついてはまだ未発表。

 

ただスバルの新型プラットフォーム、
「スバルグローバルプラットフォーム」を
採用されることが決まっています。

 

SGPはこれまでよりも各部剛性を
70〜100%も高めたという
スバル渾身のプラットフォーム。

 

「現行車価格で欧州車を凌駕する動的質感を実現した」
とアナウンスもされており、
相当期待できそうです。

 

スバルグローバルプラットフォームについては
過去記事をご覧ください。
スバルグローバルプラットフォームが発表

 

新型XVの日本発売は来年秋を予定。
続報が入り次第お伝えします。

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

タント販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る