1L3気筒ターボ搭載! スズキバレーノの燃費や評価は?

スポンサー リンク
バレーノ

 

スズキの新型車バレーノが発売開始になりました。

 

スズキといえばつい先日、
イグニスが発売されたばかり。

 

「もう新型車?」
と驚きになった方も多いと思います。

 

スズキはこの一年で様々な新型車を発売しました。

  • SX4 S-CROSS
  • ソリオ
  • エスクード
  • イグニス

 

この新型車攻勢には一つからくりがあります。
そのほとんどが海外生産なのです。

 

スズキは現在、販売の中心となる現地で
生産するという方針を持っています。

 

例えばハンガリーには
マジャールスズキという会社があり、
「SX4 S-CROSS」と「エスクード」は
そこで作られています。

 

SX4S-CROSS

(ハンガリー製のSX4 S-CROSS)

 

つまり、現在のスズキの車を見ると、

 

<日本生産>

  • アルト
  • スイフト
  • イグニス
  • ソリオ

<ハンガリー生産>

  • SX4 S-CROSS
  • エスクード

 

という構成になっています。

 

そして今回のバレーノは
インドの「マルチスズキ」が生産。
日本に輸入、販売されています。

 

では、そんな事情を踏まえつつ、
バレーノの詳細を見ていきましょう。

 

<バレーノ外観>

バレーノ

バレーノ

バレーノ

 

バレーノのボディサイズは
全長×全幅×全高:3995×1745×1470mm
ホイールベースが2520mmです。

 

全長が4m以下なのに、全幅は3ナンバーサイズ。
これは生産国インドの事情が関係しています。
インドには物品税があり、
それが4mを境に税額が変わります。

 

この辺りは660ccの軽自動車は
自動車税が安い日本と同じですね。

 

とはいえ、これは必ずしも
マイナス要素ではありません。

 

現在、スズキの小型車といえば「スイフト」ですが、
「後部座席が狭い」という声はよく耳にします。

 

バレーノはスイフトよりも一回り大きめ。
もう少し広いキャビンやラゲージが欲しい。
そんなユーザーにぴったりです。

 

搭載するエンジンは次の2種。

 

  • 直4 1.2Lデュアルジェットエンジン
    バレーノ
  • 直3 1L直噴ターボ
    バレーノ

 

 

デュアルジェットエンジンはスイフトに
搭載され燃費と走りに定評があります。
何も問題はないでしょう。

 

注目は直3気筒1Lターボです。
1Lターボは世界的なトレンド。

 

フォード「フィエスタ」をはじめ、
VW「ポロ」、プジョー「308」など
多くの欧米車で採用されています。

 

フィエスタ

(フォード・フィエスタ)

 

バレーノの1L3気筒ターボは
最高出力が111PS/5500rpm、
最大トルクが16.3kgm/1500~4000rpm、
燃費が20.0km/L。

 

デュアルジェットエンジンが
最高出力91PS/5500rpm、
最大トルク12.0kgm/4000rpm
燃費24.6km/L

 

となっており1L3気筒ターボは
よりスポーティな走りが期待できそうです。

 

というのもバレーノは新型アルトから
採用された新型プラットフォームを採用しています。
これはBセグメントは初です。

 

このプラットフォームの特徴は
軽量化と高剛性の両立。

 

バレーノは重量910〜950kgと大変軽く、
例えば先述したフィェスタよりも200kg以上
軽くなっています。

 

とはいえ、もちろん車の良さは、
エンジンスペックや重量だけで
決まるものでもありません。

 

特にエンジンの気筒を減らす場合、
偶力振動や回転フィールの低下といった
デメリットも発生します。

 

それらをどれだけ抑え、
走りと燃費を両立できるのかが
見所となるでしょう。

 

 

気になるバレーノの価格は
NAモデルのXGが141万4800円、
ターボモデルのXT(5月発売予定)が161万7840円
となっています。

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

タント販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る