ミニコンパーチブルの評価は? 使い勝手の良いオープンカーに

スポンサー リンク
ミニコンパーチブル

BMWミニにコンパーチブルモデルが追加されました。

 

コンパーチブルは開閉ルーフ式のオープンカーのこと。

 

ミニという軽快な走りを楽しめる車がオープンカーになる。
これだけで期待に胸が膨らむ方も多いのではないでしょうか。

 

ミニコンパーチブル

しかもミニコンパーチブルの幌はフル電動で開閉。
開閉にかかる時間は18秒となっています。

 

時速30km以下なら走行中でも操作可能なので、
急な雨でも安心です。

 

さらにルーフの4割だけ開くスライド開閉や、
幌を閉じた状態でもラゲージ開口部が大きく開く
イージーロード機能など使い勝手も良さそうです。

 

 

ミニコンパーチブル

ミニコンパーチブル

 

ラゲージ自体も前モデルより40L拡大。
クローズ状態で215L、
オープン状態で160Lを確保しています。

 

オープンカーは楽しさの代償として
使い勝手が犠牲になりがち。
そうさせませいとする意気込みが感じられます。

 

では、今度はボディ全体を見ていきましょう。

 

ミニコンパーチブル

ミニコンパーチブル

 

ミニコンパーチブルの基本カラーは、
カリビアンアクアメタリック。
カリブ海のエメラルドブルーを彷彿とさせます。

 

ミニコンパーチブル

 

 

センターコンソールは他のモデルと同じ、
8.8インチワイドディスプレイやトグルスイッチを配置。

 

ミニコンパーチブル

ミニコンパーチブル

 

なお、シートは8種類、ホイールは9種類から選択でき、
自分の好みのミニを作ることができます。

 

遊びの雰囲気があって、なんとも魅力的ですね。
水原車両販売でも過去に海岸線をコペンで走りましたが、
その時のことを思い出させてくれます。

 

ラインナップは次の3種

1.ミニクーパーコンパーチブル(1.5L直3ターボ)

最高出力 100 kW (136 hp) / 4,400 rpm
最大トルク/回転 220 Nm / 1,250 rpm
0–100 加速 8.8 [8.7] s
燃料消費率JC08モード (国土交通省審査値) 16.7 km/ℓ
車両重量 1320 kg
ラゲージ・スペース (min.-max.) 215 リットル / 160 リットル(オープン時)
寸法 全長 / 全幅 / 全高 3,835 mm x 1,725 mm x 1,415 mm

価格:342万円

 

2.ミニクーパーSコンパーチブル(2L 直4ターボ)

最高出力 141 kW (192 hp) / 5,000 – 6,000 rpm
最大トルク/回転 280 Nm/1,250 – 4,600 rpm
0–100 加速 7.2 [7.1] s
燃料消費率JC08モード (国土交通省審査値) 16.3km/リットル
車両重量 1360 kg
ラゲージ・スペース (min.-max.) 215 リットル
寸法 全長 / 全幅 / 全高 3,860 mm x 1,725 mm x 1,415 mm

価格:342万円

 

 

3.ミニジョンクーパーワークスコンパーチブル

最高出力 170 kW (231 hp) / 5,200 rpm
最大トルク/回転 320 Nm / 1,250 – 4,800 rpm
0–100 加速 6.5 s
燃料消費率JC08モード (国土交通省審査値) 15.6 km/ℓ
車両重量 1390 kg
ラゲージ・スペース (min.-max.) 215 リットル / 160 リットル(オープン時)
寸法 全長 / 全幅 / 全高 3,875 mm x 1,725 mm x 1,415 mm

価格:483万円

 

トランスミッションは全モデル6速AT仕様。
エコドライブの「GREENモード」、
ドライビングプレジャーを味わえる「MIDモード」、
スポーティな走りの「SPORTモード」
の3種の設定を状況に応じて選択できます。

 

もちろんミニクーパーの醍醐味である
ゴーカートライクな走りはそのまま。

 

ハメを外しすぎない大人の雰囲気も備え,
ユーティリティとファントゥドライブを
実現した一台となっています。

 

新車を買うなら当店で!

 

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

タント販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る