【流出画像あり】新型スイフトの評価は? 欧州車レベルのスポーツコンパクトに

スポンサー リンク
新型スイフト

欧州車に引けを取らないスポーティな走りで
多くのファンを魅了するスズキのコンパクトカー、スイフト。

 

その新型の画像がなんとイタリアのメディアから流出しました。

 

このモックアップ画像は1月にフランスで行われたディーラー説明会、そのモニター映像の隠し撮りとのこと。

 

スイフトについては様々な噂が飛び交っていましたが、デザインについてはこれで確定のようです。

 

では、気になる流出画像を見てみましょう。
なお、画像はスイフトスポーツのものになります。

 

ノーマルとの違いは、

  • エアロパーツの有無
  • ホイールデザイン
  • デュアルマフラー(ノーマルはシングル)
  • ヘッドランプユニット(ノーマルは4穴)

となっています。

 

新型スイフト外観

新型スイフト

基本的には現行スイフトのキープコンセプトと言ってよいでしょう。

 

ただ細かく見ていくと、

  • 大きく開口したフロントグリル
  • ブラックアウトしたCピラー
  • より傾斜をきかせたルーフ

など流行のデザインを取り入れています。

 

 

新型スイフト

ボディサイズは現行モデルとほぼ同じ。
全高がやや下げられています。

 

国産車の雰囲気が薄まり、
どことなくミニを思わせるデザインです。

 

mini

(mini)

 

新型スイフト内装

 

続いて内装です。

 

新型スイフト

フラットボトムの小径ステリアング。
左右独立したスピード&タコメーター。
エアコンや操作系は全て円形モチーフで統一。

 

どことなく外装同様に欧州の雰囲気が感じさせる
シンプルかつ機能的なデザインです。

 

これなら運転していてもうるさく感じることはないでしょう。スズキは乗る人のことを考えたインパネ作りが本当に上手です。

 

パワートレーン

ノーマル車は

  • 1.2L 直噴直4 NAデュアルジェット
    (91PS/12.0kgm)
  • 1.0L 直噴直3ターボブースタージェット
    (111PS/16.3kgm)

の二種類から選択。
前者はCVT、後者は6速ATになります

 

さらにスイフトスポーツには

  • 1.4L 直噴直4ターボブースタージェット
    (140PS/22.4kgm)

が投入され、こちらはスポーツらしく
6速MTと6速ATが設定されるようです。

 

新型スイフト

(現行スイフトでも評価の高いデュアルジェットエンジン)

新型スイフト

(自動車業界のトレンド、1L3気筒ターボ)

 

先日の記事でも取り上げたように現在スズキは
新車を続々とラインナップ。

 

ワンサイズ上にはバレーノが、
ワンサイズ下にはイグニスが、
それぞれ構えています。

 

スイフトは走りには定評のある車でしたが、
その一方でラゲージがやや狭いなど
ユーティリティには不満の声がありました。

 

しかし、そうした声に応えるバレーノが追加され、
スイフトは強みであるスポーティな方向に舵を切ることになりました。

 

発売時期は?

 

スイフトの主戦場はヨーロッパ。

10月に行われるパリショーで
ノーマルグレードが発表、発売。
国内発売は年末になると言われています。

 

スイフトスポーツに関しては、
来年3月のジュネーブショーで発表、発売。
国内発売は6月頃となる模様。

 

VWポロやフィアット500など欧州車コンパクトカーをお考えの方はもう少し待って
新型スイフトという選択肢もアリかもしれません。

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る