4WDの特徴は? メリットとデメリットを詳しく解説

スポンサー リンク
4WDの特徴

4WDの特徴とメリット

4WDというと「悪路や雪道に強い」というイメージがあるかもしれません。しかし、悪路に限らずオンロードでも走行性能や安定性に優れたシステムです。

 

4WDの特徴は駆動力を分散できること。エンジンが100の力を生んだ時、4つのタイヤに25ずつ駆動力が分配されます。一方、FFやFRは前輪駆動と後輪駆動といってエンジンの力を前後のどちらかに伝達します。なので2つのタイヤに50ずつです。

 

4WD

 

しかし雪道やウェットな路面では、駆動輪に大きな力を加えると、スリップして車輪が空転(ホイールスピン)します。これはアスファルトでも同様で、大きな力を加えればがホイールスピンが発生します。

 

仮にホイールスピンが発生する限界が30だとしたら、左右に50ずつ駆動力が分配されるFFやFRではホイールスピンが起きてしまいます。しかし、4つのタイヤに25ずつ分配する4WDならホイールスピンは発生しません。

 

これが4WDが悪路に強く、発進や加速性能にもすぐれている理由です。

 

また4WDは強いグリップ力も特徴です。FFやFRの場合、駆動輪ではない車輪はただ転がっているだけ。しかし、4WDは全てのタイヤが路面をとらえているので、グリップ力がアップします。コーナリング時のように挙動が安定し、コーナリングスピードを高めることができます。

 

こうしたメリットから4WDは悪路や雪道に強い、クロスカントリー車やSUVだけでなく、スポーツタイプのクルマにも採用されています。日産・スカイラインGT-Rや、三菱のランサーエボリューションXなどがその代表例でしょう。

 

スカイラインGT-R

(スポーツタイプの4WD、日産・スカイラインGT-R)

 

 

 4WDのデメリット

以上のように性能的にはいいことづくめの4WDですが、もちろん欠点もあります。それはFFやFRなどに比べて部品数が増えるので、車両価格が高くなること。部品が増える分だけ、重量も重くなるので燃費が悪化します。

 

たとえばスズキ・ハスラーはFFと4WDの2タイプが販売されています。グレードにもよりますが4WDはや約12万円高く、燃費は1.5km/Lほど低下します。

 

ハスラー価格表

(ハスラーXグレード価格表)

 

もちろん、その分だけ走行性能や安定性、コーナリング性能などは優れているので、「経済性とパフォーマンスのどちらを優先させるか」という選択になるでしょう。

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る