5代目となる新型マーチが世界初公開 0.9Lターボで3ナンバーサイズに

スポンサー リンク
新型マーチ

9月下旬に開かれたモーターショー「パリサロン」。各メーカーから様々なクルマが発表されましたが、中でも注目を浴びたのが日産の「マイクラ」。マイクラという名前は馴染みが薄いかもしれませんが、日本ではマーチになります。

 

マーチはカルロスゴーン氏の就任以降、斬新なデザインで女性を中心に人気を獲得したコンパクトカー。しかし4代目は新興国向けに舵を切り失敗。価格100万円こそ切るものの、タイ生産からくるチープさでブランドイメージを失墜させてしまいました。

 

今回発表された新型マーチはそんなイメージを払拭するかのように一変。これまでのマーチとは異なる攻めたデザインになりました。その画層がこちら。

 

新型マーチ

引用元

新型マーチ

引用元

まず目を引くのがエッジが効いたキャラクターライン。Cピラーをブラックアウトさせてルーフをフローティング化。リアドアハンドルも一体化してスタイリッシュなサイドビューになっています。

 

さらにフロントデザインは日産のアイコンとなっているVモーショングリルに、ブーメラン型のヘッドランプを採用。最近の日産の意匠も盛り込んでいます。

 

ディテールだけでなくワイド&ローなプロボーションも特徴。それもそのはずボディサイズは全長3999mm(+174)、全幅1743mm(+77)、全高1455mm(-55)に大きく、低くなりました。

 

ただ、これだと全幅1700mm以内という5ナンバーサイズの上限を超えてしまいますね。日本だと3ナンバー車になるのでコンパクトカーと言っていいのか迷うところです。日本の税制はグローバル化にともなうクルマの大型化を反映していません。この辺りがクルマの販売不振一因だったりします。

 

パワートレーンは次の3種を用意

  • 0.9L3気筒ターボ
  • 1L3気筒NA
  • 1.5L4気筒ディーゼルターボ

 

ボディが大きいにもかかわらず0.9Lで大丈夫なのかと思いましたが、数値を見ると最高出力90PS、最大トルクは14.3kgm。いわゆるダウンサイジングターボで、出力は同等、トルクは旧モデル1.2Lエンジンを上回っています。これも技術の進歩がなせる技ですね。

 

後は気になるのが生産地。欧州モデルであるマイクラはルノーのフランス工場で生産が決まっています。しかし、日本仕様はまだ不明。今回公表されたのがパリモーターショーなので当然といえば当然ですが、できればタイではなく日本生産にしてほしいところ。詳細がわかり次第、お伝えします。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。

 
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

 

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る