BBS鍛造ホイールが高評価な理由 職人が作る世界レベルのアルミホイール

スポンサー リンク
BBSホイール

クルマ好きなら誰もが知っているホイールメーカーBBS。アルファベット表記ですがれっきとした日本メーカー。本社は富山県高岡市にあります。

 

国産メーカーとい言ってもその実力は世界レベル。92年からはF1フェラーリチームに供給し、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースでは1位のメルセデスAMG GT3を筆頭に、6位までをBBS装着車が独占しました。

 

モータースポーツ以外でも日産R32GT-R、ホンダNSXタイプR、三菱ランサーエポリューションなど速さをうたうクルマには必ずと言っていいほどBBSホイールの存在がありました。

 

アルミホイールの成型には主に2種類、鍛造と鋳造があります。このうちBBSは鍛造を採用しています。鍛造は日本刀の製法と同じ。金属を熱し、圧力をかけて金型に押しつけ成型していきます。

 

BBS鍛造ホイール

引用元

 

一般的な鋳造では、鋳型に熱したアルミを注ぎ、冷却して鋳型から外すして製造します。鍛造は鋳造に比べ手間がかかり大量生産には向きませんが、「空気孔ができない」「金属組織のキメが細かい」ことで高い強度が得られるというメリットあります。

 

特にBBSホイールは「メタルフロー」と呼ばれる結晶組織がホイール全体に流れ、その様子はメタルフローラインと呼ばれています。このメタルフローラインによって細いクロススポークでありながら、ねじれや曲げに強い特性を実現。名車たちのハイパフォーマンスの裏には、高い技術を持つ職人の支えがあってこそ、と言えるでしょう。

 

BBS鍛造ホイール

引用元

 

 

なお、BBSは「TANZO CLUB」というファンクラブを2014年に発足。BBSホイールを購入者向けのユーザークラブで、「ホイールが傷ついた場合、定価の半額で交換」「入会時にグッズプレゼント」「商品購入時にポイント付与」といったサービスを展開しています。

 

有名ドライバーやBBSスタッフが参加するオフ会なども開いているので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る