BMW5シリーズがフルモデルチェンジ 新型の内装外装の特徴を解説

スポンサー リンク
BMW5シリーズ

BMWの5シリーズがフルモデルチェンジを迎えました。高級車には運転手が運転し自らは後席に座るショーファードリブンと、自らステアリングを握るオーナードリヴンに分かれます。5シリーズは後者になり、ヨーロッパでは多くのエグゼクティブに人気があります。そんな5シリースは新型になって、どう変わるのか? 早速、見ていきましょう。

 

BMW5シリーズ

引用元

BMW5シリーズ

引用元

BMW5シリーズ

引用元

 

新型5シリーズではブルーストーンメタリックという新しいボディカラーを採用。フロントデザインは切れ長になったLEDライトが、アイコンであるキドニーグリルと繋がり精悍なデザインに変わりました。またボンネットがノーズを全体を覆い、一枚板でグリルまで伸びています。そのため、かなりスッキリとした印象になっています。

 

BMW5シリーズ

引用元

 

サイドを見るとフロントフェンダー後方からプレスラインがすっきりと伸びており、リアでは厚みのあったトランクリッド上端が薄くなっています。水平基調で安定感のあるフォルムです。見た目がスマートなだけでなく、実際に空力性能も向上。Cd値は0.22とベンツCクラスの0.24を上回っています。

 

ボディサイズは全長×全幅×全高=4935×1868×1466mm、ホイールベースは2975mmです。車格からすれば当然ですが、後席に座ってもヘッドルームやニールームに余裕があるとのこと。トランク容量も従来からプラス10Lの530Lに拡大されました。車両重量はベースモデルで1540kg。従来モデルに比べて100kg近く軽量化されています。

 

BMW5シリーズ

引用元

BMW5シリーズ

引用元

 

インテリアではステアリングスポークのデザインが変更、スポークがクロームで縁取られるようになりました。ダッシュボード中央には10.25インチのiDrive液晶ディスプレイを採用。従来のコマンダーコントロールとボタン操作の方か、3Dカメラを用いたジェスチャーコントロールにも対応します。これは先に出た7シリーズで追加された機能です。

 

またフロントガラスにナビ機能や法定速度、先行車との距離といった各種情報を表示するヘッドアップディスプレイも強化。投影面積が70%拡大されるなど、インテリジェント機能を充実させています。高級車ならではの進化です。

 

以下、ツイッターの反応

 

次回はエンジンスペックや運転支援機能など、性能面について解説します。

 

現在、海外車の最新モデルを特集中。合わせてご覧ください。

 

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る