スポンサー リンク

GT-Rが2017年モデルを発表 2015年モデルとの違いや変更点は?

GT-R2017

GT-Rの2017年モデルが発表されました。

 

数年おきのマイナーチェンジ方式ではなく
毎年改良されることでも有名なGT-R。

 

しかし、2016年は発表なし。
2年ぶりとなった2017年モデルは
その分もあって、外装、内装、エンジンと
ほとんどすべてに手が施されました。

 

2007年の発表から9年目。
新型(R36型)もそろそろと噂されるなか、
円熟味を増した国産スーパーカー。

 

早速、詳細を見ていきましょう。

 

GT-R概要

 

日産が開発した国産スーパーカー。
海外メーカーが軽量化に走る中、
GT-Rは重量増によるグリップを確保。

 

その圧倒的なスタビリティから雪道でも走れる
マルチパフォーマンススーパーカーを標榜し、
海外車に互角以上と渡り合った。

 

また、世界最難関のコースと言われる
ニュルブルクリンクでの最速タイム更新は
あまりにも有名。

 

外装

GT-R2017

お披露目会で発表されたボディは
新色の「アルティメイトシャイニーオレンジ」
チューニングカーのような雰囲気です。

 

GT-R2017

まず一目でわかる違いは日産の定番
「Vモーショングリル」が採用されたこと。

 

(GT-R2015年モデル)

 

ご覧のように2015年モデルにはありませんでした。
さらにバンパーにはインテークを追加。
グリルと合わせて冷却性能が向上しています。

 

GT-R2017

サイドシルはフロントが前に張り出し、
空気の流れを改善。

 

 

GT-R2017

リヤはバンパー形状を変更、
サイドから流れてきた空気を剥離させる
縁の役目を担います。

 

他にもCピラー周りのタービュランスを解消するなど単なるデザインではなく
冷却性能、空気抵抗、ダウンフォースを向上させる改良となっています。

 

 

GT-R2017

シルバー仕上げのディフューザーも採用しました。

 

内装

 

内装は外装以上に変化がありました。

 

GT-R2017

まずインパネは
ドライバビリティを意識しより水平基調に。
しかも上部は一枚もののレザーです。
贅沢ですね。

 

GT-R2017

センターコンソールにはカーボンを採用。
GT-Rのコンディションを表示する
8インチモニターが埋め込まれています。

 

 

GT-R2017

ITコマンダーも追加され、
ユーティリティも向上しました。

 

個人的には飾り気が足りない気もします。
エアコンやダイアルなどが理路整然と
収まりすぎているような。

 

でも、それがスーパーカーらしくない
質実剛健のGT-Rと言えるかもしれません。

 

 

10

シートはプレミアムエディション専用の
セミアニリンレザーシート。
カラー設定は新色の「タン」です。

 

 

GT-R2017

パドルシフトはステアリング固定になり
コーナー時にも操作しやすくなりました。

 

パワートレーン

GT-R2017

専用クリーンルームで
一人の職人が組み立てるエンジン。

 

3.8リットルV6ツインターボに
変更はありませんが、
新たに気筒別点火時期制御を採用。

 

最高出力が550PSから572PSまで
引き上げられました。
トルクは全域の60%で約5Nmアップしています。

 

まとめ

 

開発責任者の田村氏によると
GT-R2017モデルの狙いは

 

「点から線、そして面へ」
とのこと。

 

点とは最高出力や
ニュルのタイムといったピークを。

 

線とはトルクカーブのような
クルマの性能の奥深さを。

 

そして面は性能や性格から生み出される
品質感や佇まいを意味します。

 

エンジンがリファインされ、
ボディ形状の変更により
空気抵抗や冷却性能が向上。

 

そして、それは
高速巡航時の安定性や
乗り心地の良さに繋がります。

 

そもそもGT-Rという名称は
GT(グランツーリスモ)と
R(レーシング)を組み合わせたものです。

 

グランツーリスモとして
求められる快適性や洗練度と、
レーシングとして求められる
圧倒的なパフォーマンス。

 

GT-R2017年モデルは
日産のあらゆる技術を投入して
この二つを実現させた一台となっています。

 

新車を買うなら当店で!

 

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

 

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

 

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

 

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

 

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る