SUVやクロスオーバーの特徴は? メリット・デメリットを詳しく解説

スポンサー リンク
CX5

SUVの特徴

 

本格的な悪路走行が可能な4WD車をオフロード車、クロスカントリー車、RVと言います。オフロード車はウィンタースポーツやマリンスポーツといったレジャーで活躍するため常に一定の人気があります。そんなオフロード車のオンロード性能も高めたものがSUVです。

 

SUVはSport Utility Vehicleの頭文字を取ったもので、スポーツ多目的車と訳されます。ミニバンと同じようにSUVも需要の高まりとともに、様々なスタイルが生まれました。そのため定義も曖昧になっていますが、SUVの生まれたアメリカではラダーフレーム構造を採用したものを指します。

 

ラダーフレーム構造

(ラダーフレーム構造)

 

ラダーフレームはハシゴ状のフレームを採用し、その上にボディを載せています。エンジンやサスペンションがフレームで固定されているため横転してボディがつぶれても、フレームさえ無事ならば走行できます。国産車ではトヨタ・ランドクルーザーがラダーフレーム構造を採用している本格的なSUVとして有名です。

 

ランドクルーザー

(本格的なSUV トヨタ・ランドクルーザー)

 

クロスオーバーSUV人気の高まり

 

こうした本格的なSUVに対し、さらにオンロード性能を重視したのが「クロスオーバーSUV」です。クロスオーバーSUVはモノコック構造を採用した乗用車がベース。ラダーフレームは悪路には強いのですが、重量が重く、室内スペースも狭くなりがち。これに対しボディとシャシーで剛性を高めたモノコックは軽量化が可能で、室内スペースが広く取れます。

 

モノコック構造

(モノコック構造)

 

クロスオーバーSUVはボディとシャシーで剛性を確保しています。そのためラダーフレームとは違って、横転してボディが歪むとまっすぐ走らなくなります。しかし日常生活で雪道などを走ることはあっても、横転するような恐れはほとんどありません。乗用車ベースなので乗り心地も上。一般ユーザーであればクロスオーバーSUVで十分です。

 

その人気は凄まじく現在をほぼ全てのメーカーからクロスオーバーSUVが発売されています。トヨタ・ハリアー、ホンダ・ヴェゼル、日産・スカイラインクロスオーバー、マツダ・CX-5、スバル・XV、ベンツ・GLシリーズ、BMW・Xシリーズ、アウディ・Qシリーズ。高級ブランドであるジャガーやマセラティまでSUV市場に参入しています。

 

マセラティレヴァンテ

(イタリアの高級車メーカー「マセラティ」のSUV「レヴァンテ」)

 

 

これまでセダンやクーペにこだわってきた高級メーカーまでもがSUVを出すには理由があります。環境規制の高まりによりクルマはガソリンエンジンからPHEVや電気自動車へとシフトしつつあります。電気で走るにはモーターとバッテリーを必要とし、それを載せるには大きなスペースがなくてはなりません。そのスペースの確保に車高が高いSUVは適しているのです。

 

もともとSUV市場は自動車業界において埋蔵金市場と言われていました。PHEVや電気自動車の発展を視野に入れれば、今後ますます拡大していくことが予想されています。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る