WRX STIの評価は? 乗りこなすには技量がいる体育会系スポーツコンパクト

スポンサー リンク
WRXSTI

スポーカーと一口に言っても、様々な味つけがあります。例えば前回紹介したアウディTTはいわゆるスタイリッシュスポーツ。挙動に荒々しさがない洗練された「大人向きのスポーツカー」です。

 

一方、今回紹介する スバル「WRX STI」はそれとは真逆。とにかく速い事だけを目指した、体育会系のスポーツカーです。

 

WRXはもともとスバルのコンパクトカー「インプレッサ」から派生しました。プラットフォームなどは共有しつつも、商品企画を独立させることで「最速車」の道を邁進。実際、前進であるインプレッサWRXは数々のラリー選手権で優勝しています。

 

「インプレッサWRX」が「WRX」として独立したのは2010年のこと。全モデルが300PS級の2Lターボを搭載し、世界最速のコンパクトスポーツというブランドをより強め、国際路線を意識。上級グレードにはCVTを組みわせた「S4」と、6MTの「STI」を設定。

 

S4はアイサイトなど最新装備を投入した高級モデルなのに対し、STIは長年ラリー技術を搭載したオールドタイプな一台です。

 

スタイル

WRXSTI

引用元

 

フロントはスバルのデザインアイコンである6角形のヘキサゴングリルとホークアイヘッドランプ。ロービームには4灯のLEDが採用されています。アナログとはいえ、このあたりは最新技術です。

 

WRXSTI

引用元

目を引く大型のリアスポイラーは一部グレードで標準装備。強力なダウンフォースを生み出します。

 

インテリア

WRXSTI

引用元

WRXSTI

引用元

インテリアは黒を基調に、アクセントとして赤をプラス。一見してわかる戦闘的なムードです。インパネやヘッドレストにSTIのロゴを配置。ペダルはもちろんアルミ製。

 

シートは赤のアクセント&ステッチ入りのスポーツ仕様。10ウェイのパワーシートはオプション設定となります。

 

メカニズム

WRXSTI

エンジンはもちろ水平対向4気筒DOHCターボを搭載。形式は伝統のEJ20型で、出力&トルクはそれぞれ308PS/43.0kgmです。

 

駆動方式はフルタイム4WDを採用。それも先代STIと同じDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)内臓で、出力トルクやギヤ比まで先代と同じ。パワーステアリング機構も電動ではなく油圧式というアナログぶり。

 

回転を合わせないとスムーズに入らない6MTに、路面状況に合わせてダイヤルで調節する4WD。WRX STIは正直なところかなり玄人向け。速く走るにはかなりコツがいります。

 

しかし、「だからこそ燃える」というマニアがいるのも事実。アイサイトなどを開発し、一般ユーザーの受けも良くなったスバルですが、頑固なクルマ作りをする精神も忘れていません。今後もクルマオタクを魅了するメーカーであり続けるでしょう。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る